闘いに勝ったので

高校一年の春、知り合って間もないクラスメイトに、
「まゆちゃんって、悩みとかなさそうだよね。」
と言われました。

きっと、普通なら馬鹿にされたと感じて怒るかもしれません。
でも、私は周りにそう認識されている事が嬉しかったのです。

「ワタシ、ナヤンデルノ」とか「ワタシ、ツライノ」とか、自分の負の感情を晒すことで、周囲と自己の関係を築くタイプの人がいます。

思春期のコは色々と不安定なので、周囲とのバランスの取り方に悪戦苦闘しながら、そういう行動になってしまうこともあるのでしょう。

なんか、そういうのが嫌でした。

「少女パレアナ」みたいなコになりたいと思ってました。
どんな事にも、ポジティブな感情で臨める人間に。

「少女パレアナ」を読むと、実際はかなり空々しさがあって、寧ろ不気味ですが。(-.-;)
(「少女パレアナ」=ハウス食品アニメの「愛少女ポリアンナ物語」の原作。)


でまぁ、常々ポジティブでいたいと思い、対外的にはかなりポジティブ人間として生きてきた私ですが、俗人なのでパレアナちゃんの様なワケにはいかず、負の感情ばかりが渦巻きまくる事もあるわけです。

そんな負の感情の渦巻きが、7月初旬から、ずっと吹き荒れていました。
とくに何か理由があるわけでもなく、遅くきた五月病みたいな感じで。
それでも、中旬まではなんとかフォローしてたのですが、17日のライブ終わった辺りからはもう、モッサリした気分でした。


とはいえ、私の通常テンションは一般的なハイテンションらしいので、少々落ちても一般的なテンションレベルになるだけです。
せいぜい、いつも遅いメールの返信が更に滞る位なモンです。
何を言いたいのかというと、実はメール返信が滞ってしまった皆様に謝りたいだけだったりします。。。。

ボチボチ、返信します。ごめんなさい、、、(>_<)


でも、疲れている時に自分を振り返って反省したり、ましてや日記なんて書くもんじゃないよって、確かニーチェさんが言ってた気がしたのです。

なので、ブログも滞ってた訳です。

ふぅ。




ただ、負の感情の渦巻きがあると良くない事が連鎖するのか、、、足を捻挫したり肩を脱きゅうしたり蕁麻疹が出たり眼にゴミが入りまくったり直したばかりのバッグの取っ手がすぐに壊れたりしました。

このままでは生きにくいので、やっぱりポジティブに生きようと思いましたとさ。。(-.-;)

HEARTBEAT STUDIO

Voice & Vocal Direction 鶴見駅徒歩8分 プライベートヴォーカルレッスン、アンサンブルパフォーマンスのディレクション、イベント企画 etc..

0コメント

  • 1000 / 1000