嗚呼っていう漢字はよく出来てる

カラオケが普及し過ぎたせいなのかな、、、
声を鳴らしたがるアマチュアな歌い手がとても増えている気がする。

企画ライブとか行くともう、「程よく抜けた歌」を聴ける確率はとても低い。
バラード流行りで、良いメロディーなのに堪え難い歌声とかザラにいる。
レッスンに来るコも始めはだいたい、声量増やしたいとか言うものね。

あのね、鳴らすのってカンタンなの。
ライブで、鳴らしまくって歌ってる人見ると、「あぁラクしてんなぁ、、」って思う。決してヘタじゃないんだけど、ずーっと押しぎみに表現されるとお客は疲れるのよ。
疲れるべきは表現する側のアーティストであって、お客じゃない。
なのに本人はそれと気づかず、ラクな歌い方に逃げている。

多分、大抵はどこかでそれなりにレッスンとか受けてると思うのだけど、抜き方は教わらないのかしら??
ぁ、、鳴らしたいって生徒が言うから鳴らし方だけ教えてるのね。。。

自分がやりたい事だけやれるようになっても、アーティストとは言えないよなぁ。。

よく「歌は自己表現」って言う奴いるけどさ、ナニモノでもないアカの他人の「自分」だけを見せられても、楽しくないわい。
だったら、自宅かカラオケにでも篭って自慰に耽ってなさい。
いちいち他人に見せるな。

とかついつい、毒吐きたくなる。


その人の良さなんて、実は本人が一番気付いてない。。

だから私は、「このコの声でこんな風に歌ったら、オイシイだろうな」という提案をする。もちろん、そんな提案ムシしてくれて良いのだけど。

ちゃんと作品と対話出来るようになって受発信の能力が機能しはじめたら、そんな提案もいらないし。

でも、良い表現する人って、ちゃんと自分が解ってる。だから作品も歩み寄ってくるのよね。

無駄に自己表現がぁ、とか言う奴ほど、自分が解ってない。自意識過剰だと、作品も近づいて来てくれない。


あれ??

表現って、ナンナンダロ??

HEARTBEAT STUDIO

Voice & Vocal Direction 鶴見駅徒歩8分 プライベートヴォーカルレッスン、アンサンブルパフォーマンスのディレクション、イベント企画 etc..

0コメント

  • 1000 / 1000