なぜ、学ぶか。

2年前、演技と語学の勉強、どちらかを優先して集中的に勉強しようと考えた。
その時点では、日本国内で学びたいと思う歌の指導者が見つからなかった。

ここから更にスキルアップするには、国外に出なければならないと感じていた。
その為には語学力が必要だった。

一方、視点を変えて表現の世界に取り組んでみるのもアリかな、と考えた。それなら、国内で学べる。
音声表現に特化した声優の勉強は、非常に興味深かった。

私が選択したのは演技の勉強だった。そこから2年。
次は語学の番だ。とはいえ、演技の勉強も捨てきれなくてまだ継続している。

今回私が選択したのは、『英語で演技を学ぶ』という方法。
まさに一石二鳥である。
が、即興演技など、日本語でだってかなり難しい事を英語で出来るはずがない。
結局、語学はさらに追加して勉強しなくてはならなくなった。

そんなこんなで本日は英語のプライベートレッスン。
何度も挫折してきた経験がついに本領を発揮したのか、今までは意味は理解できても返す事の出来なかった会話が、予想以上に返せている。
あくまでも過去の私のレベルから比べれば、なのであるが。

でも・・・思い出してしまった。大学生の頃に通っていた英会話サロンでの、やる気だけは誰にも負けないおばさん達の凄まじい会話を。文法そっちのけで、知っている単語を並べ立てまくって、有無を言わさず会話にしてしまう。
今の自分が、まさにそれに近い状態・・・。あぁ、私もとうとう自分自身のおばさん化を実感する日が来てしまったのだろうか・・・。

そんな事を思った矢先に過去形の文法ミスを指摘され、赤面するうちはまだ大丈夫かもしれないと、自分自身をごまかすことにした。


ランキングに参加しています。よろしければ、・・・ポチっと。

HEARTBEAT STUDIO

Voice & Vocal Direction 鶴見駅徒歩8分 プライベートヴォーカルレッスン、アンサンブルパフォーマンスのディレクション、イベント企画 etc..

0コメント

  • 1000 / 1000