棚卸し中

私のところにレッスンに来る生徒さんは、たくさんの声の悩みを抱えています。
代表的なところでは、
・腹式呼吸が使えない。
・高い声が上手く出せない。
・声量が足りない。
などなど。

 でも例えば、「先生、私、腹式呼吸を使って歌えないんです!」といきなり訴えられても、「そんなの、きちんとヴォイストレーニングしてないんだから、当たり前じゃないか!」と思っているのが私の本音。もちろん、心優しい私はそんなけんもほろろな言い方はしません。
 ですが、上記のような訴え方には、生徒さんのかなりズレた思考が見え隠れしている場合が多いのです。「腹式呼吸」という単語が何かキーワード的な響きを持っているからなのかもしれませんが、それさえできればすごく上手く歌えるようになるんじゃないだろうか!!と思っている節があるように感じます。さらに、このスイッチを押せば腹式呼吸に切り替えることができる、という様な簡単な方法は無いのか!と訴えられているようにも感じます。
 腹式呼吸はあくまでも呼吸法であって歌唱法ではないのです。そして、ヴォイストレーニングは、その名のとおり、トレーニング(鍛錬)するものです。決して、歌が上手くなる答えを教えてもらうものではありません。

 でも、「ちからのたね」とか、「すばやさのたね」など(BY DRAGON QUEST)のように、「歌がとってもうまくなる種」がこの世に存在したら大金はたいて買うだろうなあ・・・

・・・・・・。スミマセン、うちではその種、品切れです。

HEARTBEAT STUDIO

Voice & Vocal Direction 鶴見駅徒歩8分 プライベートヴォーカルレッスン、アンサンブルパフォーマンスのディレクション、イベント企画 etc..

0コメント

  • 1000 / 1000